「アフリカ旅する学生起業家」おぐが休学して旅する理由

BZOOくん

インタビューさせていただけないでしょうか?

ぜひ!よろしくお願いします。光栄です(笑)

おぐさん

おぐさんのツイッター

休学してアフリカの離島へ

BZOOくん

プロフィールに「勢いで就活やめて」とありますが、もともとは普通に就職するつもりだったんですか?

ですね。去年、大学3年生のとき。6月のサマーインターン解禁から就活スタートダッシュしてました!

 

12月に内々定も頂けてましたね~!いわゆる「意識高い系19卒」でした

おぐさん

BZOOくん

ということは、就職することがほぼ決まってたんですね!

 

そこから「スポンサーについてもらってアフリカの離島に行く」というおぐさんの輝きストーリーに至るきっかけはなんでしたか?

きっかけは、当時休学してた同じ学科の同級生とのサシ飯でしたね~!周りに休学し、やりたいことをやって輝いている友人が何人もいて。めっちゃ羨ましかったんですよね。

 

このままで大学生活終わってもーてええんか?って考えたとき、そのサシ飯で背中を押してもらって。休学を決心しましたね!

おぐさん

サシ飯での会話はこちら

BZOOくん

大学を卒業するのはいつになるんですか?

来年も大学4年生なので、卒業は2020年3月の予定です!

おぐさん

海外に長期滞在するなら今やろ

BZOOくん

アフリカに行く目的はなんだったんですか?スポンサーを獲得されたプレゼンの内容などを教えてほしいです。

元々就活してた際に興味を持ったワードが2つあって。「地方創生」「インバウンド」です。最近の流行りでもあるのでたくさんの企業さんが掲げておられましたが、調べてもそれで確立した実績を出しているところはほぼ無くて。そのときに「掲げてるところで0から始めるよりも、既にできてるところに飛んで学んでこよう!」と思ったわけです。

おぐさん

BZOOくん

なるほど…

そこから、いくつかの条件を元に海外インターン先を絞りました。

  • 地方創生が確立されている田舎の国の余暇市場
  • 中でもターゲットが富裕国の外国人
  • 英語が通じる
  • 治安が良い
  • 物価が安い

などをすべてマッチさせたのが、タンザニア共和国ザンジバル島の宿泊業を行っているスタートアップ企業だったというわけです!プレゼン内容も、ほぼこのまま言いましたね。

おぐさん

BZOOくん

勢いで行っちゃったのかと思いましたが、かなりしっかり考えて決められたんですね!

僕わりと動く前に仮説と戦略たてる派なので(笑)

おぐさん

BZOOくん

ザンジバルでのインターン先に就職する予定は無かったんですよね?

就職予定はなかったですね~!日本が大好きで、将来日本で暮らしたいからこそ、「いつ海外に長期滞在すんねん?今やろ!」ってなったのも休学の大きな要因のひとつですね。

おぐさん

とにかく行動

BZOOくん

おぐさんがアフリカで何をしているのか、具体的に教えてもらうことはできますか?

アフリカでは、元々8~2月の半年間、現地のスタートアップ企業でインターンの予定でした。インターン中は経営自体に携わらせていただき、主に経理面や現地スタッフのマネジメントを行っていました。

おぐさん

BZOOくん

ほうほう…

ただ、ビジネス準備を始めていきたいということ、せっかくアフリカに来たので他の都市も周ってみたいこと、単純にビザの更新もあり、11月から東アフリカを中心にバックパックしてます!

 

バックパックの今は、現地での市場調査や、アフリカで起業されている日本人にお会いしてお話を伺うなど、ビジネスが軌道にのり海外展開を視野にいれたときの動きを考案しています!

おぐさん

BZOOくん

行動力がすごいですね…(笑)

 

インターン先の人やアフリカで起業されている日本人と知り合ったのは、現地ですか?

みなさん現地ですね!Twitterからお知り合いになって会っていただくのが多く、ついでその方のご紹介です!

おぐさん

言語の壁はある

BZOOくん

日本人以外の方もいらっしゃると思うので、言語の壁も気になります。

日本人以外の方とは英語でお話しますね~!

 

恥ずかしい話、渡航前のTOEICは400点だったんです。(笑)ただ、現地でも英語の勉強(インプット)は続けたのと、日常会話やインターン先の仕事も英語なので話し続けました(アウトプット)。今はなんとか会話できてます!(笑)

おぐさん

BZOOくん

英語のインプットとアウトプットを続けているんですね!

このままでは帰国できない

BZOOくん

インターンのとき、給料は出てましたか?それとも、スポンサーさんの100万円で生活してたんですか?

給料は出ず、食住などの福利厚生のみです。ビザの都合上、長期滞在でインターンする場合は無給じゃないといけないので。

 

スポンサー様に頂いた100万円より、日本での準備コストや渡航費を除いた20万円ほどで生活してました!

おぐさん

BZOOくん

ザンジバルから出たあとの、これからの旅の費用はどこから捻出されているんですか?

残り15万円の貯金のみですね。帰国時にロシア横断のため12万円ほど必要なので、かなりリスク張ってます。このままでは帰国できません。(笑)というのもあり、年度内に月10万円の不労所得を作るべく、Twitterやnoteを中心に発信してます!

おぐさん

BZOOくん

背水の陣って感じですね。それでも楽しそうに輝いているおぐさんはさすがです…(笑)

帰国後はビジネス

BZOOくん

休学中ということは、帰国してから1年間大学に通うってことですか?

ですです!理学部なので研究と卒論しつつ、ビジネス始めていこうかと!

おぐさん

BZOOくん

その「ビジネス」って、どんなことをするか具体的に考えてますか?

考えてます!詳しくは言えませんが、とある市場でのオンラインとオフラインの共生型のビジネスです!今までにない角度から切り込んでいきます!

 

ちなみにTwitterを始めたのもオンラインを学ぶため、ビジネス理想形の前段階であるオンラインサロンを運営してみるため。今アフリカを旅してるのも、市場調査や現地で起業してる日本人にお会いするためなんです。

おぐさん

BZOOくん

すごい、全てが繋がってるんですね!

 

休学する前からそのような予定をしっかり立てて旅に出たんですか?

や、実は全然そんなことなくて。(笑)日本を出たときは、計画はおろかビジネスの原型さえ頭にありませんでした。

 

アフリカでインターン生活をしていくうちに、徐々に明確になってきた感じですね!

おぐさん

BZOOくん

飛び抜けたチャレンジ精神ですね…(笑)

ツイッター運営は戦略的

BZOOくん

ツイッターを始めたのは、アフリカに着いてからですか?

リア友とかのアカウントは前々からあったのですが、休学用のアカウントとして当アカウントを作成したのは4月です。

 

しかし9月29日までは何となく発信してただけで、フォロワーもほとんどが友達でした。(笑)今後動いていく方向性が決まった9月29日に、フォロワー364人からガチり始めたという感じですね!

おぐさん

BZOOくん

なるほど、そこからあのが生まれたんですね!

伝説の日報はこちら

BZOOくん

リア友に見られている中で、「顔出しして旅をすること」や「企画でスベること」への不安はありませんでしたか?

幸いなのか、大学生活中は2年間学生代表を務めるなど、ある意味有名人でしたので顔出しに関しては抵抗なかったですね!

 

企画に関しては鬼の分析で「この企画はスベらない」と自負してたところもあり、不安はなかったです!

おぐさん

BZOOくん

やっぱりその頃から風格を表してたんですね!あの企画に関するnoteに書いてあることを実践すれば、不安も消えますよね…(笑)

結果、リア友からフォロー外されたりは多かったですが…(笑)

おぐさん

BZOOくん

発信を続ける限り仕方ないですね…


「大学を休学する」「アフリカを旅する」など、リスクを取ったチャレンジをするおぐさん。

そんな彼の頭の中には、希望に満ちた未来の計画がありました。

おぐさん、とても丁寧に応えてくださってありがとうございました!

おぐさんのツイッター