薬剤師になりたい人へ|リアルな経験をインタビュー

薬剤師とはいったいどんな職業なのか。

詳しく知るために、現役薬剤師のたっくんさん(@takutakkuuun)(以下敬称略)にインタビューしていきたいと思います。

BZOOくん

「薬剤師」をテーマにインタビューさせてもらえませんか?
薬剤師のテーマ、ありがたいです。

たっくん

薬剤師ってどんな仕事?

BZOOくん

薬剤師とは簡単に説明すると、どういった職業なんですか?
当たり前ですが、薬物療法の専門家です。

 

薬物治療ではなく療法としたのは、予防など薬を使うこと全てを含むので。

 

患者のために、医師などの医療と協働して、薬をマネージメントするものです。

たっくん

BZOOくん

薬をマネージメント…
とてもカッコいい響きですね。

 

どんな事をしているのか、もう少し具体的に教えていただけますか?

薬剤師と言っても、働いている場所でかなり変わると思います。

 

私は病院薬剤師なので、病院薬剤師についてになりますが…

たっくん

BZOOくん

はい、お願いします。
入院患者さんの薬の調剤が基本です。

 

調剤とは医師の処方に間違いはないかを確認して薬を揃えることをいいます。

 

これが1番重要で、決められている薬の使用法通りかをはじめ、一緒に飲んでいる薬との相性。患者さん本人の内臓の機能に合わせた量が守られているかを確認しています。

たっくん

BZOOくん

なるほど…
さらに病院では、入院患者さん本人やその家族に、新しく始まる薬や今飲んでいる薬の説明もしています。

 

入院時には、これから始まる薬。退院の時には、家での環境や周りから得られる支援なども確認しながら、退院後問題なく薬を使えるように説明とサポートをするのです。

たっくん

BZOOくん

病院薬剤師だけでも、さまざまな事をしているのですね。

やりがい・辛いこと

BZOOくん

薬剤師をしていて、やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?
自分が提案した内容が治療に反映されて、その効果がうまく現れた時ですね。

 

困ってた患者さんが笑顔にやるのもやりがい感じます。

たっくん

BZOOくん

とっても素晴らしいやりがいだと思います!
ありがとうございます!

たっくん

BZOOくん

逆に、やっていて辛い事などはありますか?
自分は大学病院なので、研究と学生教育が仕事の一つでもあります。

 

しかし、研究や学生教育のための時間は勤務とカウントされないため、いわばサービス残業やサービス出勤が普通にあります。

 

もちろん研究や教育はやりたいことなので、やりがいはありますが、仕事として報酬が得られないというブラックな部分があります。

 

辛いとは違うかもしれませんが…

たっくん

BZOOくん

やりがいがあったとしても、それは十分ブラックだと思いますけどね(汗)
その通りなんです。

 

薬剤師に限らず医療業界は結構まだまだブラックです。

たっくん

年収について

BZOOくん

薬剤師の平均年収っていくらくらいなんですか?
年収は、どこで働くかによってかなり差があります。

 

ドラックストアとかでは、新卒でも600万のところもなくはないです。あとは地方の調剤薬局も。

 

ですが、病院は低いです。10年目でも600もらえるところは少ないかと。

 

一見そこまでもらえたら十分と思われる方もいますが、薬学部が6年制になり、学費も年間200万以上かかるので、奨学金を借りている人も多いです。

 

返済しながらだと手取りとしては、専門職なのに普通と変わらない、もしくは普通より貰えないところもあります。

たっくん

BZOOくん

給料が高い分、なるまでに必要な費用も高いということですね。
私のブログにリアルなところも書いてあるので、よかったらお読みください。

 

私自身の進んだ道についても書いてあります。

たっくん

薬学部の学費と奨学金、教育ローンについて

これだけは話しておきたいこと

BZOOくん

みなさんに、これだけは話しておきたいということはありますか?
インターネット普及によって情報が簡単に手に入れるようになりました。

 

ですが、中にはとんでもない情報もあります。

 

医療の情報は命や生活の質に直結するものなので、正しい情報が必要不可欠です。

 

だからこそ、しっかりとした資格を持った薬剤師の話をちゃんと、聞いてもらいたいという思いが強いです。

 

実際に、自然派や反ワクチン派の人からだいぶ刷り込まれて、困ったという意見もいただきました。

たっくん

BZOOくん

正しい情報を判断する能力が必要になってきているという事であっていますか?
正しい情報を、医療関係でない方が判断するのは難しいと思います。

 

なので薬剤師はじめ、まずは専門職の意見をしっかり聞いてほしいとのメッセージですね。

たっくん

BZOOくん

なるほど、そういうことだったんですね!

薬剤師あるある

BZOOくん

「薬剤師あるある」なんてのがあったら教えてください!
結構当たるのが、成績が良くても仕事ができるわけではない。

 

どこの業界もそうかもですが、専門知識をたくさん知ってて試験はトップでも、実際の現場で活かすのとはまた別のようです。

たっくん

BZOOくん

なんとなく想像できます。
あとは、薬剤師ほど薬を欲しがらないというのもあると思います。

たっくん

BZOOくん

というのは?
「風邪に抗菌薬は効かない」は、みんな知っているので、風邪の時はどうしても咳や鼻水が辛い時くらいしか薬を使わないです。

 

これは自分もそうですが、薬といえども副作用は必ずあるわけで、インフルエンザでさえ基本的には自己免疫力で治ります。

 

薬が本当に必要な場合しか、欲しがらないと言った方がわかりやすいかもしれません。

たっくん

BZOOくん

薬や病気に対しての知識を持っているからこそのあるあるだったんですね。
そうですね!

 

効果も知ってますし、副作用も知っているので。

たっくん

薬剤師を目指す人へ

BZOOくん

最後になりますが、薬剤師を目指す人にメッセージをお願いします!
これから薬剤師は飽和するとも言われていますが、患者さんのためにという確固たるモチベーションがある薬剤師は絶対に淘汰されないですし、必要性はむしろ高まるばかりです。

 

きっかけはどんなことでもいいので、薬剤師なりたいと思っている人は諦めずにチャレンジしてほしいです。

 

その、チャレンジしたことはきっと薬剤師になっても活きてきますから。

たっくん

BZOOくん

このメッセージを聞いて、少しでも「頑張ろう!」と思ってもらえてらいいですね!
そうですね。

たっくん

BZOOくん

インタビューありがとうございました!
こちらこそ、ありがとうございました

たっくん


貴重なお話をありがとうございました!

とても丁寧に教えてくださり、気を使って会話をしてくださっているのが伝わってきました。

私も見習わなければと改めて思いました。

たっくんのツイッター